花咲か爺さんの話が現実になりました

日本むかし話に「花咲か爺さん」があります。みなさんもご存知だと思いますが、その話の中で飼い犬が示した地面を掘ると沢山の小判が出てくる場面があります。

これと同じようなことが実際にも起きていました。インターネットのニュースで見たのですが、アメリカで起こりました。飼い犬が一心不乱に庭を掘っていたそうです。

飼い主が不思議に思ってその穴を掘ると何と金貨がザクザクと出てきたというのです。とても珍しい金貨が含まれていたそうで、その総額は10億円以上にもなったそうです。本当に飼い主想いの良い犬を飼っていたものだと思います。

きっとその犬は今頃、毎日、ステーキを食べさせてもらっていることでしょう。

私は月一のペースで秋葉原に足を運んでいます。秋葉原は電気とオタクの街ですから、私にぴったり合っているのです。秋葉原に行った時に必ず立ち寄るのは、パソコンのパーツを売っているお店です。

私はパソコンを自作しているので、そのためのパーツを探すのです。今はネットでパソコンのパーツを買う事が出来ますが、私はお店でパーツをあさるのが好きなのです。

お店ではネットでは手に入らないような名品やお買い得品が手に入る事があります。私は秋葉原のごみごみとした感じが好きで、一度行くと何時間も滞在する事が多いです。秋葉原の空気は私の波長と合っている気がします。
[PR]
by zutjvxqc | 2014-08-20 11:56
<< 歯医者のドリルの恐怖を二度と味... いろいろな音楽が大好き >>